松山・石川が初共演、最終ホールインワン対決(2)

スポンサーリンク

テレビ朝日の「夢対決!2016 とんねるずのスポーツ王は俺だ!5時間スペシャル」。
プロゴルファー「松山英樹」と「石川遼」が初のテレビ共演してのゴルフ対決!

最終ホール「ホールインワン対決」3巡目終了からの続き。

松山・石川が初共演、最終ホールインワン対決(1巡目~3巡目)

▼第1ホール、第2ホールはこちら

チーム戦4巡目スタート。
まずは木梨チーム代表の石川遼選手から。

4巡目の石川遼1

4巡目の石川遼2

4巡目の石川遼3

タイムリミットが迫る中、リプレイのような綺麗なスイングでショット。

ボールは高い弾道でグリーンへ向かいます。

ボールはピン左端の奥へ

バックスピンで戻す

残念、入らず
ボールは左端のピンの奥へ落下。
バックスピンで戻すも、左サイドは傾斜から右へは戻りません。
惜しい!と思ったけど、そういえば男子プロ2人は左端のピンは無効だし、これは失敗ですね^^;

▲ ページTOPへ

対する松山英樹選手。
入念に素振りをして集中力を高めます。
4巡目の松山英樹1

4巡目の松山英樹2

4巡目の松山英樹3
こちらもリプレイのように同じリズム、同じスイングでショット!
そしてボールは同じく高い弾道でグリーンへ向かいます!

中央のピンよりやや左目の奥へ落下

バックスピンで左のピンへ

惜しくも左ピンの右を通過するボール

いいショットだが残念入らず

ボールは中央のピンからやや左寄りの奥へ落下し、バックスピンで左のピンへ。
わずかにピンの右を通過。
入りそうで入らない!
3つピンがあっても入らないんだから、ホールインワンってやっぱり難しいんだねぇ~^^;

▲ ページTOPへ

ハイレベルな戦い、もっと観ていたいけどどうやらタイムリミット。
最後の1球勝負
「時間の関係もありまして、これが最後の1球となります。」とのこと。

お互い最後の1球、まずは石川遼君。
素振りの後、大きく深呼吸。
集中力が切れかかってるんでしょうね^^;

5巡目の石川遼1
疲れが出たのか、少しテンポが速い気がしました。

5巡目の石川遼2

5巡目の石川遼3

5巡目の石川遼4
ボールはグリーンを捉えるものの右奥へ。

「集中しすぎて疲れた。」
「やっぱり最初の2球くらいで(ホールインワン)やんなきゃダメですね。」
と、遼君のコメント。
それくらい集中してやってるんですね。

これで遼君の勝利がなくなりました。

▲ ページTOPへ

続いて松山英樹君。
奇跡を起こすか?
起こしそうな気がプンプンするのは、試合の英樹君を知ってるからでしょうね。
入れたら20ポイントビハインドから、逆に9,980ポイントの差をつけて大逆転!

5巡目の松山プロ1

5巡目の松山プロ2

5巡目の松山プロ3
いつものスイング、どうだ?!

松山君のボール1

松山君のボール2

松山君のボール3
あれ?デジャヴと思うくらい石川遼君と同じようなところに落として同じようなバックスピン^^;

5巡目終わって、両者ともホールインワンならず!

番組の予告やらで「出た!奇跡のホールインワン!!」とやたら煽ってたのもあり、ここで松山君が決めるのか?と思ってただけに「あれ?」と思いました。

これで終わりかぁ、と思ったら時計を見ながら石川遼君、
「もう1球行こう!」×3回(笑)
よっぽど悔しいんでしょうね^^;

「ホントすみません。」と時間内にホールインワンできなかったことを謝る遼君。
いや、なかなか狙って出せるもんじゃないし^^;

▲ ページTOPへ

ホントのホントに最後の1球。
「そうかここでどっちが決めるんだ!」

まずは石川遼プロのショット。
気合の乗りも最高潮!僕なら気合乗り過ぎたらダフるか引っ掛けるんだけど、遼君はどうだろ?

6巡目石川遼1

6巡目石川遼2

6巡目石川遼3

今日一番のスイングじゃないかな?
と思うくらい素晴らしいショット!

6巡目石川遼、別のアングルから1

6巡目石川遼、別のアングルから2

6巡目石川遼、別のアングルから3

▲ ページTOPへ

別のアングルのカメラからも載せておきます。
この土壇場でこんなスイングできるんだから、一流のプロはホントに凄い!

「きた、これ!」と思わず声が出る遼君!
ボールは中央のピンの真後ろへ落下
いい場所にボールは落ちた!
ホントにキタぞ、これ!!
まっすぐピンへ!
ボールはピンへ向かってまっすぐ戻る!
カップの上でボールが跳ねて浮いた!
カップに入る!と思ったら強すぎたのか、ボールはカップの上で跳ねて少し浮きました。
バックスピンが強すぎたかぁ~
バックスピンが効き過ぎたのか、少しボールの戻りが強すぎました。。。
入ってもいいのにね~(/_;)

▲ ページTOPへ

別のカメラからの映像。
石川遼の6巡目スーパーショット1

石川遼の6巡目スーパーショット2

石川遼の6巡目スーパーショット3

石川遼の6巡目スーパーショット4

石川遼の6巡目スーパーショット5
ホントに惜しい!!
ピンに当たってたら入ったかも~。
最後の最後で最高の見せ場を作るんだから、やっぱり持ってる人は違いますね(^^♪

本人も入ったと思って、両手を上げてただけに、めちゃめちゃ悔しかったでしょうね^^;
両手を上げてた石川遼君

スポンサーリンク

頭を抱える石川遼

めちゃめちゃ悔しがる石川遼
挙げてた両手はそのまま頭を抱えることに・・・
ショック過ぎ^^;

遼君から英樹へのエール
「こうなったらヒデキに出して欲しいっすね」
と松山英樹にエールを送る石川遼。
僕なら延々悔しがるばかりだろうに、なんて男前な男なんでしょう。

▲ ページTOPへ

ホールインワンは出るはず、ということは松山君が決めるのか?
ドキドキしながらテレビに釘付け。
6巡目の松山英樹

6巡目の松山英樹のスイング
石川遼君のスーパーショットの後でも乱れることのない、いつもどおりの力強いスイング。
やっぱりこれが入るのか?!

ボールは左のピンから更に左へ
ナイスショットだが、ボールは左のピンから少し左寄りに落ちたように見えるがどうだ?

ピンにバックスピン

あと15cm横なら

わずかに横をすり抜け失敗

傾斜に逆らいピンに向かってスピンでも戻ろうとするが、途中からやはり傾斜に負けて15cm程ピンの横を通過。
土壇場、追い込まれての勝負強さは見せるものの、残念!

▲ ページTOPへ

ここで本当にタイムアップ。
最終ホールは「引き分け」となり、チーム戦は木梨・石川チームが勝利!
なのにひざを折って悔しがる石川遼。
第3ホール終了、膝を折る石川遼
あれ?勝ったんですよ^^;
木梨・石川・イボミチーム勝利
最後の勝負がよっぽど気持ち悪いんでしょうね。
木梨「悔しい喜び」
石川「そうですね」
だそうです^^;

▲ ページTOPへ

戦いを終えてエンディング。

「最後はちょっと納得しないんで来年再戦という形で」と石橋貴明。
来年も出てもらおうと石橋
視聴率獲れるから来年も2人に出てもらいたいんでしょうね^^;

松山君はスケジュール調整の心配からか、
「そうですね、最後は入れて終わりたかったんですけど、2人とも入らなかったんですごく残念ですね。」
と明言を避けます^^;
残念がる松山英樹
アメリカツアー、メジャー大会に照準を置いている松山英樹らしい発言ですね。
昨年はメジャーで上位に顔出すも、ツアーでは1勝もできなかった悔しさがあるでしょうから、今年は頑張って1勝以上、願わくばメジャーで優勝獲得してもらいたいですね(^^♪

▲ ページTOPへ

対する遼君は、
「いやぁ、練習してまた戻ってきます。」
練習してまた戻ってくる、と石川遼

悔しがる石川遼

ひざ折ってましたからね
本当に悔しそうな石川遼君。
「ひざ折る」くらいですからね(笑)
スケジュール空けれるんだろうか?約束しちゃってますね^^;

「エンディングは決めて終わった方がテレビは良いんじゃないか、ということも(遼君は)知ってますから。
『申し訳ないです』と(遼君は)言ったんですよ」と木梨憲武。
遼君は、そういった気の使いしちゃうんですよね^^;
気を回し過ぎるので無神経な人の倍疲れちゃいます。
自分の世界に没頭して他が気にならない、くらいがプロゴルファーとしては成功しやすいんでしょうが・・・
石川遼君は損してるけど、人間的には好きですし、持ち前の負けん気と真面目さで練習してアメリカツアーでも頑張って今年こそ結果を出して欲しいですね!

▲ ページTOPへ

そして男子プロ2人に引けを取らず頑張った2015年賞金女王のイ・ボミちゃん。
英樹君と遼君とチームと本当に楽しかった
「目の前で英樹君と遼君とチームと本当に楽しかったです。」
たぶん、「目の前で英樹君と遼君のプレーが見れて楽しかった」「チーム戦も本当に楽しかった」って言いたかったんでしょう。
今年も頑張りたい、とイ・ボミ
「今年も頑張りたいです。」と〆てました。
このプレーを見る限り、今年も敵なし!って感じですね(^^♪
応援しよっ♪

▲ ページTOPへ

そして、最後にMIP賞の発表。
今年のMIP賞は松山英樹が獲得!
MIP賞は松山英樹

第2ホールの130ヤード的当てが評価
第2ホールの「130ヤード的当て」が評価されたようです。
普通は勝ったチームから選ばれるのでは?とツッコミが入ったけど、去年が石川遼だったから今年は松山君へ、と配慮があったようですね(笑)

MIP賞:スペーシアカスタム

松山英樹MIP賞

スズキの軽自動車「スペーシア カスタム」を見事ゲットした松山君。
去年同じく車をゲットした遼君ですが、その車はお母さんが乗ってるらしいです(笑)

松山君はレクサスと契約してるからスズキ車に乗るわけにはいかんやろうし(そもそも軽に乗らないか^^;)、誰にあげるのかな?
こういうテレビ番組とかやツアーの賞品って自動車よくあるけど、全部リース扱いみたいで、何年かしたら返さないといかんって聞いたけどホントなんかな?

▲ ページTOPへ

これで番組も終わりか、と思ったら「物語にはまだ続きがあった」ようです。
収録終了後
参加メンバーが握手をして解散する中、木梨憲武が何やらホールインワンチャレンジするようです。

収録後の木梨のチャレンジ

木梨「入ったらどうする?」
「大会終わったら入ったとさって、入ったらどうする?」
と2球ボールを出して打とうとする木梨。

▲ ページTOPへ

1球目。
inバンカー
ややフェースが開いたのか、右のガードバンカーへ。

続けて2球目。
ここで事件が起きました!
2球目を打つ木梨憲武

ボールの行方を目で追う木梨
鋭いダウンスイングでいい感じに打ったボールはやや右ですがグリーン方向へ。
ボールを目で追う木梨。
そして消えるボール。
ねぇ、今入ったんじゃねぇの!?
「あれ?入ったんじゃね?」
「入ったんじゃねぇの?」
「ねぇいま入ったんじゃねぇの!?」
と3連続で驚く木梨。

急いで確認しにグリーンに向かいます。
入ってるのを確認し喜ぶ木梨!
木梨ホールインワン

しかしスタッフ以外は帰ってしまってみんなと喜びを分かち合えず^^;
みんなどこ行ったんだよ!!
「みんなどこ行ったんだよ!!」
帰ったんです(笑)

▲ ページTOPへ

しかし、終わったのにカメラはちゃんと決定的瞬間を捉えていました!
ホールインワンの瞬間1

ホールインワンの瞬間2

ホールインワンの瞬間3
カップへダイレクトインでのホールインワン!
転がって入るのは見たことあるけど、ショートホールでダイレクトにカップに入れるのって見たことないかも^^;
「出た!ホールインワン!!」と予告などで散々煽っていたのって、まさかの収録後のことだったんですねぇ~。
勝負には関係ないですが、番組的には「美味しい」木梨のホールインワンでしたね(^^♪


ハイビスカスゴルフクラブ
〒880-0211 宮崎県宮崎市佐土原町下田島21085-1
TEL:0985-73-0109
開場日:平成元年6月7日
休場日:定休日なし
コース設計者:東急グリーンシステム(株)

GDOで予約する(〇) ▶ 楽天GORAで予約する(〇) ▶ じゃらんゴルフで予約する(〇)

▲ ページTOPへ