ギア猿『PGAショーDemo Day』のギア情報(2)

スポンサーリンク

2017年2月から始まったゴルフネットワークの新番組『ギア猿』、その初回分の放送で「PGAショー」の前日に開催された「Demo Day」の様子がレポートされました。今回はその続編です。

今回サルベージするのは、「シャフト」。

前回「ギア猿『PGAショーDemo Day』のギア情報(1)」はこちら。

グラファイトデザイン

「日本のシャフトが飛ぶ」ということで、最近アメリカでも日本の技術力に注目しているそうです。今回は世界が注目している日本のシャフトメーカーをいくつか紹介されました。

最初に2人(キューピー関、鹿又)が向かったのが「グラファイトデザイン」。
日本男子ツアーで使用率No.1を誇るメーカーで「ツアーADシリーズ」はUSPGAで頑張る石川遼プロが愛用していることでも有名ですね。
グラファイトデザイン
石川遼は有名ですが、それ以外にも「小平智」や「近藤共弘」なんかも使っています。前はジョーダン・スピースなんかも使ってましたね。今は違うかな?

▼ジョーダン・スピースが使ってた「ツアーAD DIシャフト(シャフトフレックス:6X)」

ツアーAD DIシャフト購入はこちら
楽天で購入する
Amazonで購入する
GDOで購入

最近のシャフトは軽いのが主流だそうで、軽くてもボールスピンが出ないようになってきているそうです。
プロトタイプのシャフトを試打するQP関さん。
ツアーADプロトタイプ試打
硬かったそうです。
ツアーADプロトタイプ試打・硬い
シャフトなんて自分で打たないと違いが分かりませんよね^^;
「こういうパフォーマンスを確かめる場は日本にもあって欲しい」と語ったのはグラファイトデザインの高橋さん。おっしゃるとおりです^^

▲ページTOPへ

日本シャフト

続いてもシャフトメーカーを訪問。「NS PROシリーズ」が大ヒット!スチールシャフトの代表的なメーカー「日本シャフト」さん。シャフトに疎くても名前くらいは聞いたことある人が多い有名なシャフトですよね^^
NS-PROシリーズ:日本シャフト
海外選手はパワーがある選手が多いので「MODUS3シリーズ」を推しているそうです。
NS-PRO MODUS3 TOUR125
2016年全英オープンを制して悲願のメジャーチャンピオンとなったヘンリク・ステンソンも日本シャフトのNS-PRO(N.S. PRO MODUS3 TOUR120)を使っているそうです。
NS-PRO MODUS3ヘンリク・ステンソン
ステンソン大好きで憧れている僕としては無視できない情報です。シャフト変えようかな?^^;

ドライバーなどのカーボンシャフトだけでなく、アイアンでよく使用するスチールシャフトも軽量化。
アメリカでの売れ筋も再軽量の「105」が一番出ており、スタンダードになってきているそうです。
ドライバーもアイアンも軽量シャフトが主流

▼ 「NS PRO MODUS3 TOUR105」を使用したクラブをチェック‼
楽天でチェック
Amazonでチェック
GDOでチェック

▲ページTOPへ

フジクラシャフト

スポンサーリンク

続いて2人が向かったのは女子ツアープロの使用率No.1「モトーレスピーダー」の「フジクラシャフト」。
ここでは日本未発表の最新シャフトを紹介しました。
フジクラシャフト
それがこちら「MC-Putter」。パターのシャフトです。
フジクラMC-Putterシャフト
アメリカ先行で発売されたシャフトだそうで、特徴はズバリ「柔らかい」そうです。
MC-Putter(フジクラシャフト)
柔らかくフェースに乗せやすいんだそうです。
ストロークが一定の間で打てるので「パーン」と弾いてしまわないそうなのですが、実際に打ってみないとわかりませんよね^^;

撮影時は日本未発表だったそうですが、「3/24~3/26」に横浜で開催される『ジャパンゴルフフェア2017』で発表が予定されているそうです‼ 試打できるんかな?
ジャパンゴルフフェア2017 in 横浜
ジャパンゴルフフェア2017
パターは苦手クラブの一つなんで、クラブの性能で少しでも上手くなりたい‼ 日本で発売したらチェックしてみたいと思います(^^♪

▼「フジクラシャフト」をチェック‼
楽天でチェック
Amazonでチェック
GDOでチェック

▲ページTOPへ

KBS

最後に2人が訪れたのがフィル・ミケルソンらアメリカのツアープロが使用して一躍有名になった2008年に誕生した新興のスチールシャフトメーカー「KBS」。
2008年創業スチールシャフトメーカーKBS
スチールシャフト専門のKBSですが、今回のPGAショーでKBS初となる「カーボン」の新作シャフトを発表‼
HYBRIDカーボンシャフト(日本未発売)
HYBRIDカーボンシャフト
ハイブリッド(ユーティリティ)のカーボンシャフトで名前はまだ決まっていないそうです。日本未発売ですが、発売するかもしれないとのこと。

ウェイトの加減でスチールではできないことをカーボンで実現したそうです。
QP関さんが試打。「打ちやすいな、コレ」と気に入ってました。
KBSカーボンシャフト試打

フィル・ミケルソン使うかな?要チェックです‼

▼「KBS」のシャフトを使ったクラブをチェック‼
楽天でチェック
Amazonでチェック
GDOでチェック

最後にシャフト界”伝説の男”「キム・ブレイリー」が登場!
重たいスチールシャフトで有名な、あの「ライフルシャフト」の生みの親だそうです。
シャフト界"伝説の男"「キム・ブレイリー」
まぁ業界関係者じゃなければ会ったからって何?って感じですね^^;

▲ページTOPへ

シャフトメーカー巡りが終わり、カメラはスタジオに戻りました。
ここで2人(QP関・鹿又)から博多華丸へ質問。「シャフトのこだわりは?」
シャフトのこだわりは?
博多華丸の回答は「シャフトというのはなんとなく二の次。シャフトの良し悪しは正直ピンとこない。」とのこと。
シャフトは二の次
アマチュアゴルファーのほとんどがそうなんじゃないかな?
試打するとシャフトの違いは分かるのですが、その日のスイングの調子もあるし、スイングが完成しているわけでもないので「試打した時点」でベストのシャフトを購入してもその後どうなるか・・・

関さんは「パフォーマンスを確認するには計測しないとわからない。第三者的に見てもらった方がわかりやすい。」と言ってますが、そんなに知識がないのに測定しに行くと言い包められてる気がしますよね^^;
そうならないために、この番組を通じてもっとシャフトの造詣も深めたいと思います(^^♪

▼続きはこちら
ギア猿『PGAショーDemo Day』のギア情報(3) :パター編

↓は前回ページで紹介した情報です。

2017年2月『ギア猿』TOP

ゴルフネットワーク『ギア猿

放送日:毎月第3水曜日22:00~23:00
出演:博多華丸、関雅史、鹿又芳典

公式サイト

▲ページTOPへ