とんねるずスポーツ王で松山・石川が初共演(2)

テレビ朝日の「夢対決!2016 とんねるずのスポーツ王は俺だ!5時間スペシャル」。
プロゴルファー「松山英樹」と「石川遼」が初のテレビ共演してのゴルフ対決!
イ・ボミ、古閑美保も加わってのチーム戦。

第1ホールが終わりからの続きです^^

第1ホールについてはこちら

スポンサーリンク

第2ホールは「ターゲットショット」対決。

的を狙う2種類の対決で勝負
第1ホール同様、このゲームも2種類用意されていました。
ターゲットはどちらの対決も同じ「高さ4m×幅3m」のネットです。

【対決1】
松山英樹VS石川遼、距離130ヤードの的当て

【対決2】
チーム対決、動く的当てタイムアタック

【対決1】で勝った方のチームは、【対決2】のアドバンテージを獲得。
アドバンテージ獲得を目指し、いざ勝負です!

▲ ページTOPへ

【対決1】松山英樹VS石川遼、距離130ヤードの的当て

松山英樹VS石川遼、距離130ヤードの的当て

松山プロ「いやだなぁ、これ・・・」
さすが、難しさがすでに分かっているようです。

先行・後攻はまたも「じゃんけん」で決めることに。
じゃんけんを嫌がる遼君。
じゃんけんで負けるのがコンプレックスらしいです(笑)

じゃんけん、ぽん!

あっさり負ける石川遼^^;

遼君「じゃんけん勝ったことないんじゃないかな?」

スポンサーリンク

松山君は後攻を選択。
「(遼君のプレーを)見たいですし。」

ということで先行は石川遼プロ。
持ち球は2球ずつ。

石川プロ、クラブは「5番アイアン」を選択。

石川遼「的の先にグリーンがあるイメージで、
自分が今林の中にいるイメージです。
非常に慣れている。」

松山英樹「そんなイメージしたことない(笑)」

さて、当てることができるのか?
5番アイアンで低い弾道、と言っても130ヤード先は難しいのでは?
石川遼5Iスタンス、的確認
的を確認。
石川遼5Iスタンス確定

石川遼5アイアンショット
ショット!
低い弾道!
上手い!低い弾道!!
やはり少し吹き上がる
やはり少し吹き上がります^^;
落ちてくるか?
落ちてこない^^;
残念オーバー
う~ん、残念オーバー。
方向はバッチリなんですが、低いままの弾道って難しいですよね^^;

松山君「あれでダメなんだ」
遼君「もうイメージが出ないです^^;」

スポンサーリンク

石橋貴明が「えー、そんな難しいのぉ?」と言ってますが、普通に難しいと思います^^;
遼君「難しい!」
松山君「相当難しいですね」
そうですよね^^;

打ち合わせで石橋は「もっと遠く、150ヤードとか160ヤードとかいかないのか?」とスタッフに言ってたそうですが、松山君は即座に「いやぁ~当たらないです。これでも結構きついです」と答えていますから相当なんでしょうね。

ここで、タイガーウッズの映像登場!
「低い弾道で、まっすぐ打つ」というショットは、全盛期のタイガー・ウッズがたびたび使い「スティンガー・ショット」の異名が付いた極めて難しい技、との説明が入ります。
タイガー・ウッズ

タイガーのスティンガー・ショット

スティンガー・ショットの弾道
タイガーかっこいい!

▲ ページTOPへ

さて、続けて石川遼プロが打ちます。
今度は5番ウッドを握ります。
松山君曰く「彼、得意ですね」

ボールの置く位置をやや右足側にずらしてスタンス。
石川遼5Wスタンス

石川遼5Wスイング

石川遼5番ウッドショット

5Wで低い弾道
打ち出しは5番アイアンより低く抑えてます。
またまた惜しい!やや上を通過
またまた方向はバッチリですが、わずかに上を通過^^;
惜しいっ!

いいショットだっただけに本人も「しょうがないね」と納得のようです。
悔しそうですが^^;

スポンサーリンク

さて、次は松山英樹プロ。
遼君「ここから先の技術はヒデキに見せてもらいます(笑)」
そしてまた遼君、
「ティグランドが若干左足上がりなんでちょっとイメージが難しいですけど、そこはヒデキが魅せてくれると思います」
エールなのかプレッシャーなのか^^;

松山君は4番アイアンをチョイス。
しかし一応ドライバーも用意しておいて、とのこと。
さて、どうなる?

松山英樹4Iスタンス

松山英樹4Iトップ

松山英樹4Iインパクト

低すぎてショート

左下を抜けてミス
かなり抑えて打とうとしたのでしょう、球が上がらずショート。

続いて、すぐさまドライバーに切り替えます。
遼君「ヒデキはあんまりあそこまで低い球ドライバーで打たない」
英樹君「あんまり打たないけど、ドライバーの方が球が浮いてるから楽かな」と。

古閑美保曰くは「女子はこういう打ち方はできない」「絶対無理」だそうです。
イ・ボミちゃんも同意してました。

スポンサーリンク

ドライバーで130ヤード先の高さ4m×幅3mの的に当てる。
素人じゃ絶対無理だろうし、プロでも余程難しいのでしょう。
遼君「当たったらスゴイですね」がそれを物語っています。

松山プロのドライバー

松山英樹ドライバースタンス

松山英樹ドライバートップ

松山英樹ドライバーショット

低い弾道のドライバーショット

わずかに吹き上がり失敗

いい感じで低く抑えた弾道でしたが、やはり最後わずかに吹き上がりミス。
石川遼プロと同様、方向は幅3mの的に収まっているだけに残念。
どうしても最後浮いちゃうようです。難しい^^;

「松山英樹VS石川遼、距離130ヤードの的当て」の続きはこちら

スポンサーリンク

ハイビスカスゴルフクラブ

〒880-0211 宮崎県宮崎市佐土原町下田島21085-1
アクセスMAP
TEL:0985-73-0109
開場日:平成元年6月7日
休場日:定休日なし
コース設計者:東急グリーンシステム(株)

▼「ハイビスカスゴルフクラブ」の予約はこちら

タイトルとURLをコピーしました