第43回ダンロップフェニックストーナメント(2016年)観戦旅行決定!

2015年は仕事の関係もあって観戦をキャンセルしましたが、今年も行きます「ダンロップフェニックストーナメント」!
先日やっと観戦チケットをゲット♪
第43回ダンロップフェニックストーナメント(2016年)観戦チケット

スポンサーリンク

第43回ダンロップフェニックストーナメント

開催期間:2016年11月17日(木)~20日(日)
※プロアマ戦:11月16日(水)
会場:フェニックスカントリークラブ
前回(2014年)は宮崎に3泊もしたのに宮崎観光や「トム・ワトソン ゴルフコース」をラウンドしたりして、結局「プロアマ戦」しか観戦せず。
今回は「プロアマ戦」と「予選ラウンド初日」まで観戦予定です。

ダンロップフェニックストーナメントの魅力はなんと言っても「USPGAツアー」で活躍する海外選手の参戦です。
「日本に世界基準のトーナメントを作ろう」
「世界のトッププレーヤーを生で見ることの出来る試合を作ろう」
という考えのもと1974年にスタートした大会で、歴代優勝者の名前が凄い!
セベ・バレステロス、トム・ワトソン、アーニー・エルス、そしてなんと言ってもタイガーウッズが参戦し2大会連続で優勝したたことでも有名です。

歴代優勝者
(画像出典:http://dpt.gr.jp/

また、優勝を逃しているものの、過去出場した選手は蒼々たるメンバー。
帝王ジャック・ニクラウス、グレッグ・ノーマン、フィル・ミケルソン、ビジェイ・シン、ジョン・デーリー、ニック・ファルド、セルヒオ・ガルシア、そして2016年のライダーカップでアメリカのキャプテンを務めたデービス・ラブⅢ、などなど。

国内では最高の賞金総額2億円、優勝賞金4,000万円も、今となってはアメリカのPGAツアーを主戦場に戦う選手にとっては「半分以下」の少額大会です。
昔ほど有名選手が参加することはなくなりましたが、それでも歴代優勝者の名前が凄いからか結構な実力者が毎年参戦してくれています。
2015年は2016年全米プロ選手権を獲得したジミー・ウォーカーが参戦していましたし、観戦しに行った2014年はジョーダン・スピースが参戦していて興奮しました!
ジミー・ウォーカーもダンロップフェニックストーナメント参加後メジャーを獲ったし、ジョーダン・スピースもその後メジャーを2つ(マスターズ・全米オープン)獲得する大躍進を遂げました。

今年の海外選手は少し小粒のようですが、ゴルフネットワークでUSPGAツアーを毎週欠かさず観ている僕にとっては将来の大物選手が間近で観れるチェンス!
2016年ライダーカップで大活躍した「ブルックス・ケプカ」、2015-2016シーズンのPGA新人王「エミリアノ・グリジョ」は特に今後の活躍が大いに期待できる逸材です。
もう少しハートが強くなったら大活躍できるであろうジョーダン・スピースの友人でありライバルである「ジャスティン・トーマス」も会いたい選手です。

そういえばジャスティン・トーマスは2016年シーズンで早くも1勝していましたね。松山英樹が惜しくも2位だったので観ていた人も多いのでは?(開幕3戦目マレーシアで開催された「CIMBクラシック」)

そして先週、石川遼・岩田寛が予選落ち「シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン」ではB・ケプカが惜しくも2位。
3番ウッドで318ヤード飛ばすなど、調子は上がってきてるようなので日本での活躍も期待したいですね^^
ライダーカップの時みたいな豪快なシャンクが出たら危険なので左側で観戦しましょうね(笑)

▲ ページTOPへ

オススメはなんと言っても『プロアマ戦』です。
サインは確実に貰えるし、写真も一緒に撮ってもらえます。そして動画も撮影可!
2014年の時は松山英樹やジョーダン・スピース、石川遼、などなど多くの選手の動画を撮影できました♪

↓ジョーダン・スピース (Jordan Spieth)のドライバーショット

↓松山英樹のドライバーショット

↓石川遼のドライバーショット

↓ウェブ・シンプソン (Webb Simpson)のドライバーショット

ティーショットだけでなく、他でも撮影できます。練習場なんかもオススメですよ!
プロゴルファー動画

今年ももちろん撮影する予定です。
どんな動画が撮れるか今から楽しみです♪

去年は最後にジミー・ウォーカーが参戦すると発表されました。
今年ももう一人海外選手が参戦するという話を聞いてますが、だれなんろう?
世界ランクが10位内の選手が出たら大会の格も上がるし観戦する方としても嬉しいですが、無理なんでしょうねぇ^^;

▲ ページTOPへ


フェニックスカントリークラブ

〒880-0122 宮崎県宮崎市大字塩路字浜山3083
TEL:0985-21-1301
開場日:昭和46年03月24日
休場日:年中無休
設計者:大橋 剛吉

フェニックスカントリークラブへのアクセス

タイトルとURLをコピーしました