メジャーへの登竜門?!2017年ダンロップフェニックス、海外招待選手を予想

スポンサーリンク

2014年「ジョーダン・スピース」、2015年「ジミー・ウォーカー」、2016年「ブルックス・ケプカ」。
ダンロップフェニックストーナメントの海外招待選手は、ここ3年連続で翌年のメジャーで優勝しています。これって凄いことですよね!

かつては超一流選手を積極的に招待していましたが、近年は若手有望株を招いているように思います。特に昨年は若手ばかり。アメリカPGAツアーをテレビで観ている人にはまずまず豪華なメンバーでしたが、海外メジャーくらいしか観ない人には全くの無名選手ばかりと感じたかもしれませんね^^;

予算の都合もあるだろうし、これだけ立て続けにメジャーを制覇する選手ばかり排出しているとなると、今年も海外招待選手は「メジャー未勝利」の選手となると予想。そしてもちろん、メジャーを制覇できる期待値の高い選手に白羽の矢が立つのではないでしょうか?

また、昨年の傾向から、その同年シーズンのアメリカPGAツアーで「1勝」している選手が有力視されます。

ということで、「2017年ダンロップフェニックス海外招待選手の予想」として次の選手をピックアップしてみました。

リッキー・ファウラー(Rickie Fowler)
生年月日:1988年12月13日
身長:175cm
国籍:アメリカ
プロ転向:2009年
リッキー・ファウラー(Rickie Fowler)
(画像出典:http://www.pgatour.com
願望も込めて本命押し!20代最後の年、是非来日してほしい選手です。
2017年シーズンは「ザ・ホンダクラシック」で優勝。PGAツアー4勝ですが、メジャーは未だ未勝利ながら、2位(2位タイ含む)は2回と実績も十分。まだ今年最後のメジャー「全米プロ」は残っていますが、全米プロで優勝しなければダンロップフェニックスTへの出場は濃厚なのでは?
過去に出場したジョーダン・スピース、ジミー・ウォーカー、ジャスティン・トーマス、とも親交が深いので『メジャー制覇のためにも出場したら?」と後押しされているかもです(笑)
祖父が日本人ということで日本の試合にもきっと出てみたい、と思っているはず。毎年期待してますが、今年こそ!
ダニエル・バーガー(Daniel Berger)
生年月日:1993年4月7日
身長:185cm
国籍:アメリカ
プロ転向:2013年
ダニエル・バーガー(Daniel Berger)
(画像出典:http://www.pgatour.com
2017年シーズン「フェデックス セントジュードクラシック」で優勝した若手有望選手。2017シーズンでは松山英樹が優勝した「WGC HSBCチャンピオンズ」でヘンリク・ステンソンと並び2位タイに入るなど活躍が目立ちます。PGAツアーは通算2勝、メジャー未勝利。メジャーは2016年のマスターズで10位に入った以外は結果を残せていませんが、2年連続フェデックスカッププレーオフ最終戦に進出する実力者。また、リッキー・ファウラー同様、ジョーダン・スピースジャスティン・トーマスとも親しく、ダンロップフェニックスTに興味を持っている可能性あり、です。
オリー・シュナイダージャンズ(Oliver Schniederjans)
生年月日:1993年6月15日
身長:185cm
国籍:アメリカ
プロ転向:2015年
オリー・シュナイダージャンズ
(画像出典:http://www.pgatour.com
男前枠として推したいのがオリー・シュナイダージャンズ。(2016年の男前枠はもちろん「スマイリー・カウフマン」。)帽子を被らないことでも有名です。アメリカPGAツアー未勝利ですが、将来性と話題性を買って一票投じたいですね。
ブライソン・デシャンボー(Bryson DeChambeau)
生年月日:1993年9月16日
身長:185cm
国籍:アメリカ
プロ転向:2016年
ブライソン・デシャンボー(Bryson DeChambeau)
(画像出典:http://www.pgatour.com
話題の選手と言えば、この男も外せません。大学では物理学を専攻。「ゴルフ科学者」の異名を持ち、独自の理論で長さを全て揃えたアイアン(ワンレングスアイアン:37.5インチ)を使用。そして、帽子はハンチング帽。特徴ありまくりの選手です。プロ転向後、すぐに優勝するのでは?と言われながら、なかなか勝てず、先日やっと「ジョンディアクラシック」で初勝利を挙げました。ブリジストンゴルフと使用ボールで契約しているので日本との縁も少なからずあります。一度日本ツアー「ブリヂストンオープン」に出場するために来日したこともあるように、来日には本人も前向きな気がします。人気のある選手ですし、運営も招待に接客的に動いていると予想します。

ここら辺の選手が出場してくれたら、個人的にはかなり盛り上がります(^^♪

スポンサーリンク

他にも何人か候補がいるので、軽くご紹介。

まず、黒人枠(?)として『ジョナサン・ベガス』(Jhonattan Vegas)。2017年シーズンはいまいちかな?と思ってたら「RBCカナディアン・オープン」を連覇。あるかもね。

そして、YouTubuの「トリッキーショット」で有名になった『ウェズリー・ブライアン』(Wesley Bryan)が気になります。「Web.comツアー」から「PGAツアー」に昇格して早くも「RBCヘリテージ」を勝利するなど大活躍。来日あるかな?

アメリカ国籍以外として気になるのが『アダム・ハドウィン』(Adam Hadwin)。2017年シーズンのアメリカPGAツアーではカナダ選手がかなり活躍しています。その中でも「バルスパー選手権」でPGAツアー初優勝を飾ったハドウィンに期待したいと思います。

名前を挙げ出したらキリがないですね^^;
誰が招待されるかまだわかりませんが、飛行機とホテルはすでに予約済み。あとはチケットを忘れず購入すればバッチリかな?(まだ発売されてませんので^^;)今年も観戦しに行く気マンマンです!

この中から何人か来てくれたら嬉しいけど、ベテラン選手でも大歓迎♪発表が待ち遠しです!

2017ダンロップフェニックストーナメント 大会概要

【トーナメント開催日】2017年11月16日(木)~11月19日(日)

▼大会日程

  • 11月12日(日):MRTダンロップフェニックスアマチュアトーナメント
  • 11月13日(月):指定練習日
  • 11月14日(火):指定練習日、プロアマチャリティトーナメント抽選会・前夜祭
  • 11月15日(水):プロアマチャリティトーナメント
  • 11月16日(木):第1ラウンド 18Hストロークプレー
  • 11月17日(金):第2ラウンド 18Hストロークプレー
  • 11月18日(土):第3ラウンド 18Hストロークプレー
  • 11月19日(日):第4ラウンド 18Hストロークプレー

【競技方法】72ホールズ ストロークプレー
※前半36ホール終了後、上位60位タイまでが決勝ラウンド進出

【賞金】総額:200,000,000円、優勝賞金:40,000,000円

【開催場所】フェニックスカントリークラブ
フェニックスカントリークラブ
〒880-0122 宮崎県宮崎市大字塩路字浜山3083
TEL:0985-21-1301
設計者:大橋 剛吉

フェニックスカントリークラブへのアクセス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】フェニックスカントリークラブ土日祝プレー券
価格:150000円(税込、送料無料) (2018/7/29時点)

▲ページTOPへ