アイアン練習に「ツアーストライカー」導入

スポンサーリンク

一人で練習しているとフォームが少しずつ乱れ、アイアンがいきなり当たらなくなる。

そんなことないでしょうか?

僕はよくあります(笑)

対策として、時々レッスンを受けてスイングチェックしてもらい、随時修正をしています。

ウッドが良くなっていくとアイアンが悪くなる。
アイアンが良くなっていくとウッドが悪くなる。
どっちも絶好調!
って言ってみたい^^;

昔からアイアンの方が調子悪くなる率が高かったのですが、最近打ちっぱなしに行く頻度がかなり下がってしまっているのでその傾向がより顕著に。
そこで練習器具を新たに導入。

アイアン練習器具ツアーストライク

ツアーストライカーの7番アイアン。

インパクトを芯でしっかり捉える練習に最適です。
当たりが薄かったり、トップやダフリなんかもまともに前に飛びません。
ダウンスイングがしっかりできてるかすぐ分かります。

僕は普段シャフトはダイナミックゴールドを使っているので、ツアーストライカーだとシャウトが少し軽すぎるので油断すると手打ちになってしまいます。
もう少し重いシャフトのがあればいいんだけど、残念ながら1種類。

何球もバンバン打つ練習ではないですが、時々チェックのつもりで使っています。

ツアーストライカー クラブヘッド

スポンサーリンク

ツアーストライカー フェイス

ボールを置いてスタンス

スタンスその2

ツアーストライカーと佐々木小太郎

実際スタンスを取って構えてみました。
普通のアイアンとの違いがわかると思います。
最初は違和感すごいですが、慣れると普通に打てますよ^^

≫≫ ツアーストライカーを購入する