世界ランク上位陣スタッツ比較【2016-17シーズン】

シェアする

スポンサーリンク

アメリカPGAツアーでは早くも2017-18シーズンが始まっています。昨シーズン後半に調子が上がった選手がそのままの勢いで活躍していますね。ジャスティン・トーマスは「CIMBクラシック」の3連覇こそ逃したものの、続く「CJカップ」で早々に1勝目を挙げています。米PGAツアー2017-18年シーズンを楽しむ前に昨シーズンのスタッツをチェックしておきましょう!

2017年ダンロップフェニックスで海外招待選手のスタッツ比較をしましたが、「ついでに他の有力選手もチェックしておこう」と調べてみました。

今回比較する選手は「世界ランク上位者」と「獲得賞金上位者」、そして「FedExCupランク上位者」から選出。
ワールドランキングは最新版(2017年10月22日付)、獲得賞金は2016-17シーズン、FedExCupランクは最終戦「ツアー選手権」終了後の順位です。

スタッツ比較 選出メンバー

選手名 世界ランク 賞金ランク FedEx Cupランク PGAツアー
D.ジョンソン(Dustin Johnson)33歳 1位 3位 4位 4勝
J.スピース(Jordan Spieth)24歳 3位 1位 1位 3勝
J.トーマス(JustinThomas)24歳 2位 1位 2位 5勝
松山 英樹(25歳) 4位 4位 8位 3勝
J.ラーム(Jon Rahm)22歳 5位 5位 5位 1勝
R.マキロイ(Rory McIlroy)28歳 6位 39位 58位 0勝
R.ファウラー(Rickie Fowler)28歳 7位 6位 7位 1勝
J.デイ(Jason Day)29歳 8位 28位 18位 0勝
H.ステンソン(Henrik Stenson)41歳 9位 34位 32位 1勝
S.ガルシア(Sergio Garcia)37歳 10位 18位 21位 1勝
M.リーシュマン(Marc Leishman)34歳 12位 7位 6位 2勝
B.ケプカ(Brooks Koepka)27歳 11位 8位 10位 1勝
K.キズナー(Kevin Kisner)33歳 26位 9位 12位 1勝
B.ハーマン(Brian Harman)30歳 128位 10位 25位 1勝
X.シャウフェレ(Xander Schauffele)23歳 29位 12位 3位 2勝
J.ローズ(Justin Rose)37歳 13位 15位 9位 0勝

合計16名選手をピックアップ。もちろん全員が一流ですが、スタッツ的にはどうなんでしょう?気になりますね。
ただ、H.ステンソンは規定数に達していないのかな?ランキングに入っていなかったので除外しました。

スタッツ比較


平均飛距離(ドライビングディスタンス)

選手名 飛距離(yard) 順位 計測ホール数
D.ジョンソン 315.0 2位 132
J.スピース 295.6 75位 156
J.トーマス 309.7 8位 142
松山英樹 303.3 26位 136
J.ラーム 305.8 20位 166
R.マキロイ 317.2 1位 88
R.ファウラー 300.3 41位 144
J.デイ 306.2 19位 132
S.ガルシア 301.9 30位 108
M.リーシュマン 298.6 50位 172
B.ケプカ 311.1 7位 152
K.キズナー 289.5 120位 180
B.ハーマン 289.9 116位 192
X.シャウフェレ 306.8 16位 184
J.ローズ 300.9 35位 128


フェアウェイキープ率

選手名 FWキープ率 順位 ラウンド数
D.ジョンソン 56.97 143位 77
J.スピース 60.00 101位 85
J.トーマス 55.05 162位 86
松山英樹 58.61 121位 83
J.ラーム 58.66 120位 90
R.マキロイ 55.06 161位 51
R.ファウラー 63.91 52位 78
J.デイ 53.94 172位 71
S.ガルシア 62.33 75位 65
M.リーシュマン 57.94 129位 94
B.ケプカ 55.80 154位 88
K.キズナー 67.76 19位 105
B.ハーマン 62.80 70位 104
X.シャウフェレ 58.82 118位 96
J.ローズ 58.32 125位 66
[参考]
FWキープ率1位:ライアン・アーマー 72.73(63ラウンド)


トータルドライブ
(ドライビングディスタンスの順位)と(フェアウェイキープ率の順位)を加算したポイントのこと。

選手名 トータルドライブ順位 平均飛距離順位 FWキープ率順位
D.ジョンソン 33位 2位 143位
J.スピース 76位 75位 101位
J.トーマス 66位 8位 162位
松山英樹 36位 26位 121位
J.ラーム 28位 20位 120位
R.マキロイ 56位 1位 161位
R.ファウラー 5位 41位 52位
J.デイ 106位 19位 172位
S.ガルシア 10位 30位 75位
M.リーシュマン 80位 50位 129位
B.ケプカ 53位 7位 154位
K.キズナー 26位 120位 19位
B.ハーマン 93位 116位 70位
X.シャウフェレ 25位 16位 118位
J.ローズ 52位 35位 125位
[参考]
トータルドライブ1位:キーガン・ブラッドリー(平均飛距離44位・FWキープ率25位)


パーオン率

選手名 パーオン率 順位 ホール数
D.ジョンソン 69.52 9位 1260
J.スピース 70.01 4位 1404
J.トーマス 67.16 46位 1422
松山英樹 69.01 16位 1368
J.ラーム 68.61 21位 1494
R.マキロイ 65.63 96位 864
R.ファウラー 67.03 51位 1368
J.デイ 63.72 139位 1188
S.ガルシア 69.62 8位 1116
M.リーシュマン 67.04 50位 1620
B.ケプカ 63.47 148位 1440
K.キズナー 66.38 75位 1764
B.ハーマン 63.78 137位 1800
X.シャウフェレ 68.00 26位 1656
J.ローズ 68.06 25位 1152
[参考]
パーオン率1位:マーティン・フローレス 70.64(ホール数:1458)


ストロークス・ゲインド・ティー・トゥー・グリーン(Strokes Gained:Tee-to-Green)
いわゆる「ショット貢献度」。数値が大きいほどよい。この順位が良いと「ショットメーカー」なんて呼ばれます。

ストロークス・ゲインド・ティー・トゥー・グリーン(Strokes Gained:Tee-to-Green)
「ストロークス・ゲインド・ティー・トゥー・グリーン」は、コースのグリーン面以外のあらゆる場所でのパフォーマンスにより、ツアー平均よりどれだけのスコアを稼いだか、1ラウンドあたりの「ショット貢献度」を評価するPGAツアーのランキング。基本的な考え方は、あるラウンドでのスコアを全選手の平均スコアから引いた数字(トータル・ストロークス・ゲインド)から、さらにストロークス・ゲインド・パッティングを引いた値。[GDO参照]

選手名 Shot貢献度 順位 計測ラウンド数
D.ジョンソン 1.809 1位 59
J.スピース 1.552 2位 68
J.トーマス 1.330 6位 65
松山英樹 1.369 5位 59
J.ラーム 1.540 3位 66
R.マキロイ 1.287 8位 36
R.ファウラー 0.995 16位 63
J.デイ 0.737 31位 55
S.ガルシア 1.215 12位 46
M.リーシュマン 1.013 15位 73
B.ケプカ 0.423 58位 67
K.キズナー 0.658 40位 77
B.ハーマン 0.012 100位 86
X.シャウフェレ 0.361 64位 74
J.ローズ 1.281 9位 53


平均パット数

スポンサーリンク
選手名 平均パット数 順位 ラウンド数
D.ジョンソン 1.755 37位 77
J.スピース 1.711 2位 85
J.トーマス 1.694 1位 86
松山英樹 1.739 10位 83
J.ラーム 1.761 54位 90
R.マキロイ 1.772 85位 51
R.ファウラー 1.721 4位 78
J.デイ 1.716 3位 71
S.ガルシア 1.781 118位 65
M.リーシュマン 1.759 49位 94
B.ケプカ 1.721 4位 88
K.キズナー 1.785 129位 105
B.ハーマン 1.738 9位 104
X.シャウフェレ 1.758 47位 96
J.ローズ 1.770 76位 66


ストロークス・ゲインド・パッティング(Strokes Gained:Putting)
いわゆる「パット貢献度」。数値が大きいほどよい。この順位が良いと「パッティング巧者」なんて呼ばれます。

ストロークス・ゲインド・パッティング(Strokes Gained:Putting)
「ストロークス・ゲインド・パッティング」は、ツアー平均と比較してグリーン上のパフォーマンスでどれだけスコアを稼いだか、1ラウンドあたりの「パット貢献度」を評価するPGAツアーのランキング。ある距離からのパッティングでツアー平均が1.3だった場合、1パットで決めれば+0.3、2パットなら-0.7となり、大きな数値を残すほどそのツアーでのパッティング巧者であることがわかる。[GDO参照]

選手名 パット貢献度 順位 計測ラウンド数
D.ジョンソン 0.096 81位 59
J.スピース 0.320 42位 68
J.トーマス 0.289 47位 65
松山英樹 -0.383 173位 59
J.ラーム 0.274 49位 66
R.マキロイ -0.143 140位 36
R.ファウラー 0.761 2位 63
J.デイ 0.332 39位 55
S.ガルシア -0356 168位 46
M.リーシュマン 0.333 37位 73
B.ケプカ 0.475 12位 67
K.キズナー 0.430 20位 77
B.ハーマン 0.542 5位 86
X.シャウフェレ 0.324 40位 74
J.ローズ -0.060 123位 53
[参考]
パット貢献度1位:マイケル・トンプソン 0.84(44ラウンド)


バーティ率

選手名 バーティ率 順位 ラウンド数
D.ジョンソン 3.99 11位 70
J.スピース 4.49 1位 78
J.トーマス 4.48 2位 79
松山英樹 4.29 3位 76
J.ラーム 4.11 7位 83
R.マキロイ 3.85 24位 48
R.ファウラー 4.28 4位 76
J.デイ 4.15 6位 66
S.ガルシア 3.66 67位 62
M.リーシュマン 3.81 32位 90
B.ケプカ 4.20 5位 80
K.キズナー 3.60 85位 98
B.ハーマン 3.67 63位 100
X.シャウフェレ 3.86 20位 92
J.ローズ 4.09 8位 64


サンドセーブ率
グリーン周りのバンカーから2打以内でホールアウトした率。

選手名 サンドセーブ率 順位 バンカーに入ったホール数
D.ジョンソン 44.32 165位 88
J.スピース 55.79 33位 95
J.トーマス 48.21 122位 112
松山英樹 50.88 96位 114
J.ラーム 59.12 12位 137
R.マキロイ 63.24 3位 68
R.ファウラー 68.66 1位 134
J.デイ 53.92 48位 102
S.ガルシア 53.10 64位 113
M.リーシュマン 53.02 67位 149
B.ケプカ 48.20 123位 139
K.キズナー 52.14 77位 140
B.ハーマン 58.70 14位 184
X.シャウフェレ 53.91 49位 128
J.ローズ 55.93 31位 118

スタッツランキングまとめ
選手名 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9)
D.ジョンソン 2位 143位 33位 9位 1位 37位 81位 11位 165位
J.スピース 75位 101位 76位 4位 2位 2位 42位 1位 33位
J.トーマス 8位 162位 66位 46位 6位 1位 47位 2位 122位
松山英樹 26位 121位 36位 16位 5位 10位 173位 3位 96位
J.ラーム 20位 120位 28位 21位 3位 54位 49位 7位 12位
R.マキロイ 1位 161位 56位 96位 8位 85位 140位 24位 3位
R.ファウラー 41位 52位 5位 51位 16位 4位 2位 4位 1位
J.デイ 19位 172位 106位 139位 31位 3位 39位 6位 48位
S.ガルシア 30位 75位 10位 8位 12位 118位 168位 67位 64位
M.リーシュマン 50位 129位 80位 50位 15位 49位 37位 32位 67位
B.ケプカ 7位 154位 53位 148位 58位 4位 12位 5位 123位
K.キズナー 120位 19位 26位 75位 40位 129位 20位 85位 77位
B.ハーマン 116位 70位 93位 137位 100位 9位 5位 63位 14位
X.シャウフェレ 16位 118位 25位 26位 64位 47位 40位 20位 49位
J.ローズ 35位 125位 52位 25位 9位 76位 123位 8位 31位

(1):平均飛距離(ドライビングディスタンス)
(2):フェアウェイキープ率
(3):トータルドライブ
(4):パーオン率
(5):ショット貢献度(Strokes Gained:Tee-to-Green)
(6):平均パット数
(7):パット貢献度(Strokes Gained:Putting)
(8):バーティ率
(9):サンドセーブ率

【まとめ・感想】
さすが世界のトップ選手、ドライビングディスタンスで上位が多いです。飛距離のアドバンテージはやっぱり大事ですからね。2016-17シーズンのマキロイはホント飛んでましたよね!そりゃ体おかしくなっちゃいますよね(^^; 松山英樹もすっかり飛ばし屋の部類に入るようになりました。まだ伸びそうだし、今シーズンも楽しみです♪

飛距離が出る分、フェアウェイキープ率はやっぱりちょっと悪くなりますね。トップ20に入るのがキズナー1人とはちょっと寂しいですね。

ただ、トータルドライブでは上位に入る選手も増えます。ダスティン・ジョンソンはマスターズの前の怪我が痛かったですね。復帰後のFWキープ率はちょっとヒドイ。マスターズ前なら確実にトップ5に入れたのにね。最近またちょっとドライバーの調子が戻ってきているので、今シーズンの巻き返しに期待したいです!

スピースは飛距離のアドバンテージがないのにパーオン率は上位。ストロークス・ゲインド・ティー・トゥー・グリーンが2位も頷けます。ダスティン・ジョンソンはパットとショートゲームの悪さを飛距離とセカンドで補っているのが数字にもよく表れていますね。

上位選手のほとんどがりストロークス・ゲインド・ティー・トゥー・グリーンで上位。やっぱりショット巧者でないと優勝争いできないのがよく分かりますね。

スピースは最近パットで苦しんでましたが、それでも平均パット数、ストロークス・ゲインド・パッティングともそんなに悪くないですね。本調子になったら超怖いですね!
逆にファウラーは全ての成績が安定して上位なのに、なぜ1勝止まりなのか…不思議です(^^;

X.シャフレはシーズン途中から頭角を現してきたのでスタッツ的にはまだまだですが、今シーズンは全ての順位が上がると思います。期待したいです。

松山英樹はやっぱりパットが問題。平均パット数が少ないのはショットでピン側に着けているからで、ストロークス・ゲインド・パッティングは後ろから数えた方が早いくらい悪いです。本人も悩んでいるようですが、なんとか改善の糸口を見つけてもらいたいですね!パットの調子さえ上がればいつでもメジャー獲れると思うので期待せずにはいられません。

弱点をどう克服してくるのか、それを見るのも楽しみの1つ。スタッツばかり追ってても仕方ないですが、ある程度頭に入れておくと選手のプレーがまた違って見えて面白いですよ(^^♪