松山英樹がコース改修を初監修!太平洋クラブ御殿場コースが2018年10月1日オープン!

スポンサーリンク

松山英樹が初めてコース監修に携わった「太平洋クラブ御殿場コース」。2018年6月末から全面改修を竣工、2018年9月1日(土)にプレオープンし、10月1日(月)グランドオープン!

国内男子ツアーの後半、11月に開催される『三井住友VISA太平洋マスターズ』の会場としても有名なこのコース。富士山の麓で、ラウンド中に富士山がとっても綺麗に見える美しいコースです。

バッバ・ワトソンも大変お気に入りのコースらしく、「名誉会員」に名を連ねていたりしますす。

そんな名門中の名門コース「太平洋クラブ御殿場コース」が、国際水準のチャンピオンシップコースとなるべく2001年以来17年振りとなる全面改修。

リース・ジョーンズ設計松山英樹プロ監修

松山英樹を知らない人はもちろんいないでしょうが、リース・ジョーンズって誰??


気になって調べてみたら、あらビックリ!
かの有名な「ロバート・トレント・ジョーンズ」の御子息で、「ロバート・トレント・ジョーンズ・Jr.」の弟なんだそうです!

「ロバート・トレント・ジョーンズ」の設計コースは日本で希少。

R.T.ジョーンズ・シニア設計コース

軽井沢72ゴルフ 西コース
≫≫ GDOでチェック ≫≫ 楽天GORAでチェック ≫≫ じゃらんゴルフでチェック
グランディ那須白河ゴルフクラブ
≫≫ GDOでチェック ≫≫ 楽天GORAでチェック ≫≫ じゃらんゴルフでチェック

グランディ那須白河ゴルフクラブは、男子ツアー「福島オープン」が開催されるコースです。一度ラウンドしました、美しく攻略しがいのある素晴らしいコースです!

2014年7月に国内男子ツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープンゴルフトーナメント」が開催される福島のゴルフ場を代表する人気の名門ゴルフ場...

「ロバート・トレント・ジョーンズ・シニア」の後継者として有名な御子息「ロバート・トレント・ジョーンズ・Jr.」の設計コースは日本にも多く、現在も営業しているゴルフ場だけで20ちょっと。

名門コースも多く、会員オンリーのコースも多いですがGDOなどで普通に予約できるコースもたくさん。難易度は高く、腕試しにラウンドしたくなるゴルフ場です。

スポンサーリンク

関西のコースでは、「ザ・カントリークラブ」「パインレークゴルフクラブ」「ゴールデンバレーゴルフクラブ」をラウンドしたことがありますが、どれもいつもより「+10打」って感じです(^^;

滋賀のゴルフ場「ザ・カントリークラブ」をアップしました。 リゾートトラストが運営する滋賀の名門ゴルフ場「ザ・カントリークラブ」。巨匠「...
兵庫のゴルフ場「パインレークゴルフクラブ」をアップしました。 日本一のコースレート「ゴールデンバレーゴルフ倶楽部」のお隣、こちらも難コ...

リーズ・ジョーンズが日本で手掛けたコースもあります。
完全に改造したコースは、大阪の「茨木カントリークラブ(西コース)」。2018年にはパナソニックオープンが開催されたコースです。

「茨木カントリークラブ」詳細情報 ≫≫ こちら

改装したコースも少なく、2箇所のみ。
神奈川県「保土ヶ谷カントリークラブ」と静岡県「静岡カントリー浜岡コース(小笠・高松コース)」。

「保土ヶ谷カントリークラブ」詳細情報 ≫≫ こちら

「静岡カントリー浜岡コース」詳細情報 ≫≫ こちら


ティーショットの落下地点を変更したり、ハザードの位置、バンカーの配置・形状を修正するなど、が主な改修ポイント。
グリーンは元々戦略性が高かったのでほぼ変わってないそうですが、7番ショートホールだけは全面改造したそうです。

▽コース改造前
太平洋クラブ御殿場コース 7番ショートホール

▽コース改造後
太平洋クラブ御殿場コース 改修
(出典:http://www.taiheiyoclub.co.jp

松山英樹プロの初監修だと少し不安もありましたが、リース・ジョーンズが基本設計するなら安心ですね。

太平洋クラブ御殿場コースは一度はラウンドしてみたかったゴルフ場ですが、よりラウンドしたくなりましたね(^^♪
今年も『三井住友VISA太平洋マスターズ』を観戦する予定なので、どのようにコースが変わったか、チェックしてみたいと思います。


【追記】(2018.11.15)
三井住友VISA太平洋マスターズ・プロアマチャリティ観戦してきました!

国内男子ゴルフのビッグトーナメントの一つ「三井住友VISA太平洋マスターズ」。名門「太平洋クラブ 御殿場コース」で開催される大会。今年はプロ...
太平洋クラブ御殿場コース

住所:静岡県御殿場市板妻941-1
アクセスMAP
電話番号:0550-89-6222
休場日:特定火曜日、12月31日、1月1日
開場日:昭和52年4月26日
コース設計:加藤 俊輔

GDO ≫≫ こちら